新型コロナウイルス感染症の影響で、講義室での公演方式からオンラインシステムを利用して、受講を希望される方に向けて配信する方式に昨年9月より変更いたしました。
なお、新型コロナウイルスの感染収束状況により、適宜運用の見直しを行っていきますので、最新の情報はこちらのWebページよりご確認ください。

詳細は下記をクリックしてください。

令和4年度下期漢方講座・生涯学習講座の回を選んでの事前申込受付は締め切りました。
生涯学習講座下期第2回11/27(日)配信「泌尿器がん」単回の申込受付については10月11日に掲載いたします。
また、下期申込より受講料の支払い方法が振り込みに変更になりました。





 

過去のプログラム
令和4年度上期研修プログラムpdf
令和3年度下期研修プログラムpdf
令和3年度上期研修プログラムpdf
令和2年度下期研修プログラムpdf
令和2年度上期研修プログラムpdf

2019年度下期研修プログラムpdf

平成31年度上期研修プログラムpdf
平成30年度下期研修プログラムpdf
平成30年度上期研修プログラムpdf
平成29年度下期研修プログラムpdf
平成29年度上期研修プログラムpdf
平成28年度下期研修プログラムpdf

平成28年度上期研修プログラムpdf

平成27年度下期研修プログラムpdf

平成27年度上期研修プログラムpdf

平成26年度下期研修プログラムpdf
平成26年度上期研修プログラムpdf


PDFファイルを閲覧・印刷するにはこちらのアクロバットリーダーをダウンロードしてください

 
関連リンク
東邦大学
http://www.toho-u.ac.jp/
東邦大学薬学部
http://www.phar.toho-u.ac.jp/
 
 
2022年
10月23日(日)
認証番号
G02-22-06
◆「脳血管障害」
◎「脳血管障害とその治療について」
 東邦大学医療センター佐倉病院 脳神経外科         教授  根本 匡章 先生
◎「脳血管障害の薬物治療について」
 東邦大学医療センター佐倉病院 薬剤部          薬剤師  宮本 康平 先生
2022年
11月27日(日)
認証番号
G02-22-07
◆「泌尿器がん」
◎「泌尿器がん(腎がん・尿路上皮がん・前立腺がん)の診断と治療」
 東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科         准教授  神谷 直人 先生
◎「腎がんの薬物治療」
 千葉大学医学部附属病院 薬剤部             薬剤師  今井 千晶 先生
2023年
1月22日(日)
認証番号
G02-22-08
◆「神経耳科疾患」
◎「めまい・平衡障害の最近の診療」
 東邦大学医療センター佐倉病院              病院長
 東邦大学医学部臨床支援室                 教授  吉田 友英 先生
◎「難聴・耳鳴の最近の診療」
 東邦大学医療センター佐倉病院
 難聴・めまい回復センター長・耳鼻咽喉科          講師  牛尾 宗貴 先生
2023年
2月26日(日)
認証番号
G02-22-09
◆「代謝異常」
◎「脂質・尿酸・骨代謝異常の病態と治療 ~とくに動脈硬化との関連について~」
 東邦大学医療センター佐倉病院 糖尿病内分泌代謝センター 准教授  齋木 厚人 先生
◎「脂質・尿酸・骨代謝異常の薬物療法」
 東邦大学医療センター佐倉病院 薬剤部          薬剤師  吉持 遥子 先生
2023年
3月26日(日)
認証番号
G02-22-10
◆「眼疾患」
◎「糖尿病網膜症 ― 分類から治療まで ―」
 東邦大学医療センター大橋病院 眼科            教授  石田 政弘 先生
◎「眼科領域における薬物治療」
 東邦大学医療センター大橋病院 薬剤部          薬剤師  久保圭一郎 先生

配信日時:令和4年10月23日・11月27日・1月22日・2月26日・3月26日
     各当日共午前9時~翌週月曜午前9時
主 催 :東邦大学薬学部
取得単位:1日2単位(1講座(90分)1単位)受講終了フォームより送信いただいた方
受講料 :各回3,000円(1日2講座)にて受付いたします。
     (事前に受講申込フォームより申込いただき、お振込みされた方)
     ※回を選んでのお申込み受付期間は8月17日~9月20日迄となっております。     

 
実践漢方講座令和4年度下期プログラム
(薬剤師認定制度認証機構認証:東邦大学薬学部認証番号G02)
古典に学び、現在医療における漢方治療を学ぶ(3単位・4時間30分)
〔古典講座〕
①東邦大学薬学部は、多数ある薬学部の中でも日本漢方の正統を学ぶ機会に恵まれた大学であります。本講座はその伝統を踏襲し、
 日本漢方に最も影響を与えた古典,傷寒論と金匱要略を中心に臨床上重要な方剤を選び、条文の意味、薬方証(運用目標)、
 先達の口訣などを、古典を読みながらていねいに解説します。(1、2時限目)
②傷寒論の基礎となる、三陰三陽の六病位の考え方に基づいて講義を進めていきます。
 その中で、漢方薬を体系的に分類できるようにします。(1、2時限目)
〔ガイドラインによる漢方講座〕
③近年、漢方薬のエビデンスが集積され、各種診療ガイドラインにおいて漢方薬を推奨するものも出てきました。
 現代医療におけるガイドライン上の漢方薬の位置づけ、また注意すべき漢方薬の副作用について実際の症例を交えて解説して
 いきます。(3時限目)
【講師】
 塚田健一(みらいファーマシー)・佐藤直子(東邦大学医療センター佐倉病院薬剤部) 小池一男(東邦大学名誉教授)

※内容は一部変更となる場合があります
申込受付期間 2022年8月10日(水)~2022年9月20日(火)

配信日時:令和4年年10月2日(日)、11月6日(日)、12月4日(日)
     令和5年1月8日(日)、2月5日(日)、3月5日(日)
     ※動画閲覧は各回とも配信開始日の午前9時〜15日後の午前9時まで(オンデマンド配信約270分)
講義方法:オンライン講義(オンデマンド配信)
主 催 :東邦大学薬学部
受講料 :24,000円
     (事前に漢方受講申込フォームより申込いただき、お振込された方、資料代、
      サブテキスト〔塚田健一著当講座オリジナル版〕含む)
       22,000円
     (上記サブテキストお持ちの方)
     ☆本講座使用テキスト:症例実解 漢方薬学 第2版(京都廣川書店)
     ※テキストは事前にご用意ください(ネット:京都廣川書店、紀伊國屋書店など)
取得単位:1日につき3単位(各回漢方受講終了フォームより送信いただいた方)
その他 :参考書として小曽戸丈夫編「傷寒雑病論」谷口書店(定価2,200円税込)または傷寒論などの書籍を可能ならばご用意下さい。
◎お申込みは下記のURL にログインして頂き、左上バナー「研修講座のご案内」より【令和4年度下期漢方講座申込のご案内】から
 漢方講座申込フォームより入力・送信後、申込受付期間内に受講料をお振込みください。

●お問合せ
〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
東邦大学薬学部 臨床薬学研修センター
生涯学習認定制度委員会事務局
TEL. 047-472-1263 FAX. 047-472-1596
info-cptc@phar.toho-u.ac.jp

 
TOPページへ